不眠

寝れないなと思ったら?

睡眠がきちんと取れないと、一日スッキリしませんよね。
しかし、きちんと寝ているのに寝た気がしない。

肩や首が痛くて不眠気味だ。
このように睡眠の悩みを抱えている方が増えています。

 

実はこれらの症状はただの不眠症ではありません。
過緊張の可能性が考えられます。

 

過緊張とは自律神経のバランスが崩れて、絶えず体が緊張している症状のことを言います。
主にストレスや疲労が原因で起こります。

残業や出張でヘトヘトに疲れて帰った夜。
体は限界なのに何故か眠れなかった経験はありませんか?

これは昼間の緊張が心身ともに影響し、夜になっても緊張が解けずに眠れなくなってしまうのです。
この状態のことを過緊張性の不眠と呼びます。

 

どこもかしこも痛い程にだるいのに寝付けない。
布団に入ってイライラしたことが誰しも一度はあると思います。

このような時は、疲れていてもすぐに寝ようとしない方がいいのです。

 

よりよい睡眠をとるためには、不眠の原因となっている緊張を取り除くことが大切になってきます。
寝る前にリラックスする時間をとると効果的です。

例えば、読書をする。マッサージをする。読書をする。
自分が一番落ち着くことをすることによって、体の緊張は抜けやすくなります。

また入浴もリラックス効果がありますので、お勧めです。
深刻な場合は漢方の薬酒を飲んでみても、改善されやすくなるそうです。

 

不眠で悩んでいる方は是非、試してみてください。
ほんの少しリラックスする時間を作ることで、過緊張性の不眠を改善することができますよ。

不眠について関連エントリー

あなたにお勧めする商品

最新記事