過緊張の治療

自分で治せる!?

数ある現代病の中で、今、過緊張が問題視されています。
誰にでも起こりうる環境と、無自覚なその症状。

病気ではありませんが、大きな病気の原因ともなり兼ねません。
過緊張の治療法はないのでしょうか。

 

過緊張はストレスや過労が原因とされています。
そのため指圧や鍼灸など、通院による治療法もあります。

しかし、意外にも自分自身で出来るような治療が、最も効果があるとされています。

 

過緊張の症状は心や体が、常に緊張状態にあるために表れてきます。
だから一番の治療は、リラックスすることなのです。

 

過緊張の症状は夜に表れることが多いようです。
本来ならば夜に活発になるリラックスするための副交感神経が反応せず、

逆に緊張などを司る交感神経が落ち着かないために、体調が崩れてしまうのです。
睡眠の問題が起こりやすいのは、そのような原因によるものです。

 

緊張を取り除く、リラックスするように心掛ける。
寝る前の少しの時間、いい香りを嗅いだり、好きな音楽を聴いたりすることで、体の緊張が抜けやすくなります。

長めのバスタイムやマッサージなども筋肉が解れ、リラックス効果が生まれます。
漢方の薬酒もお勧めです。

薬酒には血行をよくし、体調を整える薬草が入っています。
アルコールには体を温め、睡眠を誘う効果もあります。

二重の意味で効き目があると言えるでしょう。

 

治療というとついつい気を張ってしまいがちですが、気負いすぎては体に毒です。
元々神経質で几帳面な人がなりやすいと言われています。

ゆったりとした心構えでいることも、治療の第一歩ですよ。

 

 

過緊張の治療は・・・関連エントリー

あなたにお勧めする商品

最新記事